スポンサードリンク

北海道 定山渓 温泉



定山渓温泉は、札幌の奥座敷とも呼ばれる自然豊か温泉地です。札幌国際スキー場などにスキーに訪れる人にとっては、最大の楽しみの一つでもあります。この定山渓温泉の由来は、美泉常山が1866年に温泉を見つけ定住したことによるといわれています。八剣山の麓、定山渓温泉の周りには、豊平峡ダムや定山渓ダム、渓谷、渓流があり、まさに大自然の中の温泉といえます。56本もある泉源は、80度を越えすべてが自然湧出泉です。

最近では色々なイベントが開催され、日本人だけでなく海外からの観光客などたくさんの人で賑わっています。4月中旬の「渓流こいのぼり」では、渓流の上を色とりどりのこいのぼりが泳ぐ姿を見ることができます。7月からは、新千歳空港から定山渓温泉までの間をピストン運転するラッピングバスが運行されます。夏の定山渓温泉へのアクセスは、このバスによりとても便利になります。

2008年の7月20日には、定山渓北海道森林スポーツフェスタが開催されました。子供からお年寄りまでが参加し、森林マラソンや森林ウォーク、マウンテンバイクツーリングなど森林の中でさまざまなスポーツを楽しみました。秋になると、定山渓では神社のお祭りや定山渓温泉もみじ大茶会が催されます。定山渓全体が紅葉に覆われ、二見吊り橋からいこい橋付近にかけては特に美しさが際立ちます。大自然の中のひっそりとした温泉街は、イベントごとに賑わってきました。

定山渓温泉の日帰り温泉は、大人が500円から1500円程度で各温泉宿で利用できるようになっています。豊平川の両岸に林立する規模の大きなホテルから小さな温泉宿まで、定山渓温泉にはどの宿屋にも露天風呂があります。石畳が敷かれた月見橋周辺は、そばを湯の滝が流れ温泉街の風情を醸し出しています。北海道を訪れた際には、ぜひ定山渓温泉に立ち寄り、自然あふれる露天風呂を楽しみたいものです。




posted by 添乗員 at 18:40 | 北海道 温泉

スポンサードリンク

北海道 登別 温泉



北海道の温泉といってまず一番に名前が挙がるのは登別温泉でしょう。登別温泉はアイヌ語のヌプルペッ(白く濁った川)が、語源だと言われています。温泉のデパートと呼ばれる登別温泉は、自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃〜90℃の高温で豊富な泉質を持っています。日本でも珍しく、一晩に多彩な効能を持つ湯巡りを楽しめ、北海道の温泉ランキングでは、やはり登別温泉が一位です。

登別温泉は、新千歳空港やJR札幌駅などからアクセスが良いことから、一年中観光客のみならず地元の人達にも人気があります。大手旅行会社の北海道旅行のツアーでは、北海道を三日間や四日間で周遊するコースが設けられています。どのコースにも必ず入っているのが、登別温泉といえます。旅の疲れを癒すことから、最終日には登別温泉で宿泊するという企画に人気が集まるようです。登別温泉では、冷え性や糖尿病、運動器障害、更年期障害、発育不全、神経症など11以上の泉質が湧き出ています。

登別温泉のお勧めの温泉宿は、第一滝本本館や登別石水亭です。第一滝本本館は1858年(安政5年)に登別温泉で最初の休泊所として開業しました。1500坪の広さを誇る全国有数規模の温泉天国があり、7つの泉質を楽しむことができます。また、湯踊ダンス会が開催され、楽しいひと時を過ごすことが出来ます。季節ごとのお勧め食事プラン、宿泊プランも充実しています。登別石水亭には、満天の星空を眺めながらくつろげる空中大浴場があります。登別の大自然を温泉に浸かりながら満喫することができます。

登別の温泉宿は、日帰り入浴のプランもあり、食事つきで贅沢な一日を過ごすことができます。登別温泉の近郊には国の天然記念物、登別原始林や登別伊達時代村、クマ牧場、登別マリンパークニクスなど家族で楽しむことができる場所がたくさんあります。春の桜が咲く頃にゆったりと登別温泉に立ち寄るのもお勧めです。


posted by 添乗員 at 21:39 | 北海道 温泉

スポンサードリンク

北海道 川湯 温泉



川湯温泉は、明治19年に開湯した源泉かけ流しの温泉です。硫黄採掘職人向けの湯宿が始まりと言われていて、温泉が川となって流れていることから川湯温泉と名付けられました。北海道を旅行する人は一度は訪れる、透明度約41.6メートルの神秘的な摩周湖や世界最大級のカルデラ湖屈斜路湖のふもとにあります。川湯温泉には多くの泉質があり、酸性硫化水素泉、酸性硫黄泉などはリウマチス・糖尿病・神経痛・皮フ病などの効能があります。酸性明礬泉(ph1.6〜1.9)は、殺菌力が非常に高く慢性皮膚病・湿疹・水虫に効果的です。ほかにも炭酸水素塩泉、アルカリ泉などがあります。

湯煙の立つ温泉街は、北海道を代表する情緒豊かなところです。川湯温泉のある弟子屈(てしかが)は、北海道の温泉の中でも特に赤エゾ松や白樺、山ウルシなどの自然に囲まれています。温泉街から外れると、淋しいまでに何もないところであり、それが魅力でもあります。毎年、12月20日からダイヤモンドダストIN KAWAYUという素敵なイルミネージョンが点ります。

川湯温泉には、硫黄泉と重曹泉の泉質が違う公共の共同浴場が二つあり、それぞれ大人250円と300円で入ることができます。川湯にある10軒以上の宿屋やホテルでは、日帰り入浴を楽しむことができます。また4ヶ所の足湯もあります。周りには硫黄山や摩周湖、屈斜路湖があり、観光を兼ねてあちこちの宿屋の温泉や足湯を巡ってみるのも良いのではないでしょうか。夏には、夏休みのほとんどの時期に源泉まつりが行われ、縁日と温泉、両方を満喫できます。

川湯温泉へのアクセスは、女満別空港(約70Km)や釧路空(100km)、中標津空港からJRとタクシーを乗り継いで行きます。女満別空港からはシャトルバス、釧路空港はJR釧路駅前から無料送迎バス『樹氷号』も出ています。11月に入ると、道路の通行止めの箇所が出てくるので注意して下さいね。


posted by 添乗員 at 21:38 | 北海道 温泉
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。